2018年から新たな連休「キッズウィーク」ってなに?

こんにちは。たなちか(@lifestyle_camp)です。

政府が2018年4月からスタートの新たな大型連休の創設に向け、官民で話し合う会議をスタートさせるというニュースがありました。

簡単にまとめると

  • 有給休暇取得の促進と観光需要の分散で地域経済活性化をはかる狙い。
  • 全国の地域ごとに小・中・高校の長期休暇の一部を他の平日に分散。
  • 例えば、学校が夏休みの1週間分を他の月に移して、親も有給休暇を取得。
  • 前後の土日と合わせて9連休が可能となる。
  • 2018年4月からの実施を目指す。

ちょっと心配な点

具体的な検討はこれからですが、現時点では、

「法的な措置は不要。公立校は義務化をめざし、私立校には協力を求める方針」

「キッズウィークに合わせて家族が休めるよう、政府は企業に協力を求める」

なんか、似たようなことがいっぱいありましたね。

「努力義務ありなんだけど、罰則規定なし」という一見合理的な線引き。

最近の分かりやすい話題でいえば、

健康増進法25条の「受動喫煙防止措置としての原則禁煙通達」

→公官庁、公共交通機関は禁煙。民間企業で特に飲食業は効果薄い。

男女雇用機会均等法の「マタハラ防止策措置義務」

→これらは努力している姿を見せればお咎め無しです。

→労働基準監督署も人員不足で忙殺。通報があっても、すべては取り締まれない。

たなちかの思うこと

たなちか

叩かないと(罰則がないと)分からないというのはちょっと残念。

理解ある経営層がいる会社もありますし、事情があって余裕がないという企業も多いと思います。

全国全ての企業、団体が参加しやすい仕組みができることを期待して見守りたいと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア留学で出逢った台湾人女性と2年越し超長距離恋愛の末、国際結婚で3児のパパに。仕事で無理が続き過労で倒れ「仕事は人生の一部でしかない」と気づく。現在主夫で子育て専念中。野菜をどうやって食べさせるかが最近の課題。