3人育てたパパが欲しいと思う「軽い両対面ベビーカー」オススメ ベスト3【2017年版】

幸せそうな赤ちゃんとママパパのイラスト。

こんにちは。たなちか(@lifestyle_camp)です。

子供が生まれると、必ずやってくるのが人生初のベビーカー選び。

「機能てんこ盛り」とか凄く魅力なんですけど、結局使って見ると分かるんです。

たなちか
軽さって大切よね…。

もし私に4人目が生まれたとしたら、今、絶対欲しい「超軽い両対面ベビーカー」を3つ考えてみました。

コンビ (Combi) メチャカルハンディ エッグショック MG

コンビ の2017年モデル「メチャカルハンディ エッグショック MG」は両対面ベビーカーの中では超軽量の4.4kg

5kgを超えるものがほとんどの中、ずば抜けた軽さです。

なんでそんなに軽さにこだわるのかというと、

5kgの米袋を片手で2~30秒持って、階段を上り下りする状況を想像してみて下さい。

肩にかけているバッグにはおむつやおしりふき、哺乳瓶などいろんな物がたくさん入っていて、子供も抱きかかえている状態。

体育会系の私でもキツイと思う時があるんだから、ママさんは相当しんどいはず。

だから、軽さ=大切なんです。

コンビ (Combi) メチャカルハンディ オート4キャス エッグショック HG

コンビ「メチャカルハンディ オート4キャス エッグショック HG

コンビ「メチャカルハンディ オート4キャス エッグショック HG」は重さが4.7kg。

先ほどと比べて300g増えましたが、両対面ベビーカーで5kg切っているのは超優秀です。

なんでさっきのより重いかというと、

  • 荷物を入れるカゴ容量が2L大きい
  • オート4キャスという4輪回転の自動切り替え

という事で、使い勝手が良くなる機能が備わっているからです。

この機能が無い、というか大半のベビーカーは背面から押すとき、手前のタイヤしか自由にならないので小回りが利かないんです。

駅や電車、バス、あとお店の中の通路は狭いので、小回り効かないと苦労するんですよ。ホント腕が疲れます。

この機能があれば、 かなり楽ですね。

アップリカ (Aprica) ラクーナライト AB

アップリカのラクーナライト ABというベビーカーの重さは4.8kg。

最大の特徴は、キャリートラベルシステムという機能です。簡単に分かる15秒の動画がありますので、貼っておきますね。


別売りではありますが、アップリカの「コランCTS」という抱っこひも が有ります。

何がすごいって、この抱っこひも がそのままベビーカーのシートになっちゃうんですよ!

ベビーカーと抱っこひもの移し替えって、思っているより面倒で結構消耗するんですよね。

これなら素早く切り替えができるから、上手くいかずにイライラすることも少なくなります。

ラクーナライトABは、ほかにもマリン風のカラーのものもあります。

 たなちかの思うこと

電車やバスで移動する事を考えれば、とにかく軽さは頭の片隅に入れておいて下さい。

機能の充実を求めると比例してベビーカーは重くなります。

私は重いと持ち出すのも億劫になるので、軽さは絶対大切だと思ってます!

そして、

私が初めて子供を産んだときは、こんなに軽くて機能が充実していませんでしたから、本当に羨ましい限りです。

幸せそうな赤ちゃんとママパパのイラスト。

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア留学で出逢った台湾人女性と2年越し超長距離恋愛の末、国際結婚で3児のパパに。仕事で無理が続き過労で倒れ「仕事は人生の一部でしかない」と気づく。現在主夫で子育て専念中。野菜をどうやって食べさせるかが最近の課題。