飛行機写真を撮りに初めて成田空港に行くなら「成田市さくらの山公園」一択!

成さくらの山公園のさくら館

こんにちは。たなちか(@lifestyle_camp)です。

成田空港には多くの飛行機撮影スポットがあって、1番有名で撮りやすいのが「成田市さくらの山公園」です。

桜が約240本、低木約5,300株が植林された緑豊かな公園で、四季折々の花と飛行機を一緒に撮影出来る人気スポットです。

場所はどこ?

成田市さくらの山公園は、成田空港の4,000メートルあるA滑走路北側に位置しています。

成田空港の駅からは行けないので、空港手前の京成成田駅かJR成田駅で降りて、バスで行くことになります。

バスの詳しい情報は、成田市観光協会が運営しているFEEL成田に記載されていますので行かれる方は事前チェックしてください。

私は面倒だから成田まで電車で行って、駅近くにあるタイムズカープラス(カーシェア)の車で行くことが多いですね。

京成、JRどちらの成田駅からも歩いて行ける範囲に5台用意されていますから、いつでも好きな車に乗って写真を撮りに行けるので、助かってます!

とにかく飛行機が近い!羽田ではありえない近さ!

airplane-at-NRT-ANA

成田空港近辺の公園の中では一番近くで飛行機が見られるスポットでもあります。この写真で焦点距離86mmです。

ジャンボジェットやA380などの大型機になると、焦点距離100mmほどで機体全体が写真におさまらないという味わったことのない体験ができます(笑)

成田市さくらの山公園のさくら館

エアバスのA380は焦点距離70mmでギリギリ入ります(笑)デカっ!

この時は南風だったので、北から進入してくる着陸機が超低空で通り過ぎて行きました。

iPhone7Plusで撮った動画があります。(※音量注意)

この動画よりも肉眼で見た方が圧倒的に近く感じます。

初めて行った時は近過ぎて思わず笑ってしまいました。

風向きに関わらず、近くで撮影できる(超重要)

飛行機は基本、向かい風の状態で離着陸します。つまり、この公園にいるときは、

南風の時はさっきの写真のように北側から、100メートル以下まで高度を下げた着陸機が真横から至近距離で見られます。(これが一番オススメ!)

北風の時は空港の南側(反対側)から、この公園に向かって滑走し、離陸機が公園の上を通って大空へ羽ばたいていきます。

成さくらの山公園のさくら館

これは北風運用時に公園をすでに通り過ぎたタイ国際航空の写真。大空に向かって上昇している時に、桜と絡めて撮影しました。

どちらにしても、かなり近い距離で迫力満点です。

多種多様な飛行機が見れる

1日約665回離発着する成田空港ですが、数多くの航空会社が乗り入れていて、多種多様の飛行機を見られるのも魅力の一つ。

先程写真で見ていただいた総2階建ての超大型機エアバスA380は羽田空港では見られません。

ベトナム航空の飛行機

花見の季節には桜を絡めた写真も撮ることが可能です。菜の花も咲いているので、オススメです!

成田市さくらの山公園のさくら館

成田では写真に2機入ることが結構あります。半日居ればこんなことも!

ちょっと休憩!に便利な「空の駅」が公園内にある

成田市さくらの山公園のさくら館

この公園には、道の駅の空港版「空の駅」があります。

成田市さくらの山公園のさくら館

中には沢山のお土産品が並んでいます。花見シーズンだったので、桜にちなんだお菓子も多かったです。

成田市さくらの山公園のさくら館

「ほくほくいも畑」は、熟成貯蔵して甘さをひきだした成田産のさつまいもを使った焼き菓子。さくら館限定です。

成田市さくらの山公園のさくら館

地元、成田の農家さんが毎日愛情を注ぎ込んで育てた、採れたて野菜を販売しているコーナーもあります。

成田市さくらの山公園のさくら館 成田市さくらの山公園のさくら館

成田市観光キャラクター「うなりくん」ゴリ押しグッズコーナーです。

うん…..分かりますよ?つっこみたくなるの。何でうなぎなの?って(笑)

理由は成田山新勝寺の表参道には鰻料理を取扱うお店が多く、成田の名物料理といえば「ウナギ料理」という感覚が昔からこの地域に根ざしていたからなんです。

しかもうなぎって見方を変えれば「飛行機の胴体みたい」じゃないですか?遊び心でちょっと主翼を取り付けてやると(笑)

ちなみにうなりくんはアメブロでブログやってるので、興味ある方はこちらをどうぞ「うなりくんのブログ

成田市さくらの山公園のさくら館

中にはパン屋さんもあります。誰でも使える椅子とテーブルも複数用意されていますので、子連れの家族にとってはとても助かります。

成田市さくらの山公園のさくら館

鶏の唐揚げをサンドした「フォカッチャとりから」がすごく美味しそう!ご飯食べてこなければ良かった…..。

成田市さくらの山公園のさくら館

航空写真家のチャーリー古庄さんの飛行機関連グッズショップもあります。

成田市さくらの山公園のさくら館

スマホやコンデジしか使ったことのない人は、一眼を借りてみるのもいいかもしれません。

写り方が全く違いますし、サクサク思った通りに撮れますからね。

成田市さくらの山公園のさくら館

一般流通しているグッズだけではなく、航空会社が何かの記念で作った非売品なども数多く置いてあったので、見ているだけでもワクワクします。

そして、店内を見回していると…..ムムッ!なんじゃコレ……。

「国内線上級クラスSEAT」と書いてあり、税抜27万5,000円の表示が!

このタイヤはYS11という飛行機の「メインギアホイール」と言って、着陸するときに先に接地する大きいタイヤです。

大きく見えないでしょうが、私の腰ぐらい高さがあります。こちらは税抜5万5,000円でした。

もはやこれが飛行機関連「グッズ」と呼べるのか!は謎ですが、

YS11の部品はこれから先出回ることは稀だと思われます。ご購入最後のチャンスです。ぜひ、お買い求め下さい。

だそうです。

これを見ているあなたにだけのチャンスですよっ!

どうやって持って帰るんだよ。転がして帰ろうか。

まとめ

たなちか
飛行機目的なら1日いても飽きないぐらい魅力的で、特に花見のシーズンは超渋滞する大人気スポット。機会があれば一度行ってみてね!

 

成さくらの山公園のさくら館

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア留学で出逢った台湾人女性と2年越し超長距離恋愛の末、国際結婚で3児のパパに。仕事で無理が続き過労で倒れ「仕事は人生の一部でしかない」と気づく。現在主夫で子育て専念中。野菜をどうやって食べさせるかが最近の課題。