ピザより早く届くAmazon Prime Now…買い物したら25分で届いた。

cellphone-prime-now

こんにちは。たなちか(@lifestyle_camp)です。

私はAmazonで買い物をすることが多いのですが、欲しいと思ったら当日か翌日には届くので、使っていてとても気持ちがいいんですよね。

当日に届くだけでもすごいと思うんですが、AmazonがやっているAmazon Prime Nowというサービスを使ってみたら尋常じゃないほど早かったんです。

スマホで気軽に注文できるAmazon Prime Now

Amazon Prime Nowは、世界最大のECサイトであるAmazonが行っているプライム会員向けサービス

スマートフォンの専用アプリで注文すると1時間以内に商品を届けてくれるんです。すごい。

ちなみに「1時間配送」のみ890円の配送料がかかりますが、「2時間便」は無料。合計金額が2,500円以上から注文可能です。

そしてその2時間便で指定できる時間帯は早朝6時~深夜0時まで。

Amazon Prime Now

image-of-Amazon-prime-NOW

https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.amazon.now

対象エリアは2016年7月現在、東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の一部対象エリアで利用可能で、今後も対象エリアは引き続き拡大していきます。

注文はとても簡単。

まず商品を確定

本当に1時間以内に届くのだろうか?試しにAmazon Fire TVをカゴに入れてみた。

Amazon-Prime-now-logo

でも本来の使い方としては、例えば今夜来客予定なのに調味料や米を切らしてしまったとか、お酒や飲み物用意しなきゃなんて時に使ったりするんだと思います。

現在14時24分。1時間以内に絶対届けて欲しいなんて事でもない限り、2時間ほどで届けてくれる無料の「2時間便」で普通は十分だと思います。

cellphone-prime-now

携帯電話番号を入力します。

「もうすぐ到着」等のリアルタイム状況をショートメッセージで送ってくれます。

因みに連絡先電話番号に誤りがあると注文がキャンセルになることもあるらしいです。

cellphone-prime-now

配送の指示も出せる

これは一軒家の人向きですが、「玄関にある鉢植えのそばに置いて行って欲しい」とか「玄関とは真逆の勝手口があるので、そちらに置いて行って欲しい」などの細かな要望に応えてくれます。

cellphone-prime-now

この記事(お花見でAmazon Prime Nowを使ったら最高のサービスだった話によると、届ける場所は自宅でなくても構わないようなので、例えば公園でバーベキューをしている時にお酒やジュース、割り箸や使い捨ての紙皿と紙コップなどをまとめて注文するなんてのもいいと思う。

cellphone-prime-nowcellphone-prime-now

cellphone-prime-now

GPSでどこにあるかがリアルタイムでわかる。

cellphone-prime-now

今回はどうやら豊洲近辺の倉庫からやってくるようです。

配達員さんはGPSを持っているのでリアルタイムで現在地を確認することができます。

これ、必要かどうかはわかりませんがとにかく面白いです。

今の現在地が分かりますので、「まだ●●の辺りだから、来る前にちょっとコンビニ行ってこようか」なんてこともできます。

25分しか経ってないっすよ?どうやって来た!?凄すぎる。

さっき注文したばかりという感覚があったのでまさかとは思ったんですが、デニムにPrime Nowロゴ入りポロシャツとキャップを被った素敵な女性が届けに来てくれました。

配達時に名前で本人確認をするので、受取りの受領印は不要でした。

すぐさまスマホの時間を確認すると、、、なんと25分しか経ってないじゃないですか(笑)

cellphone-prime-now

primenowbag

人生で初めての体験。ネットで買った物が25分で届く世の中になった…。ビックリすぎます。出前でも25分以上かかりますよね?

まとめ

たなちか

1時間便は余程の緊急事態でない限り使うことはないと思います。

だって無料で2~3時間後に来てくれるから(笑)

将来、ドローン配送が日本でも始まれば当日配送がスタンダードになることも夢ではないのかもしれません。

配送先は外出先や屋外でもOKだから面白い使い方ができそう。

Amazon Prime Now凄すぎる。

cellphone-prime-now

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア留学で出逢った台湾人女性と2年越し超長距離恋愛の末、国際結婚で3児のパパに。仕事で無理が続き過労で倒れ「仕事は人生の一部でしかない」と気づく。現在主夫で子育て専念中。野菜をどうやって食べさせるかが最近の課題。