千葉県のブロガー たなちか です。(2017年6月更新)

当ブログオーナー「たなちか」のアイコン画像
たなちか
このページにお越し頂きありがとうございます。このブログを書いている たなちか と申します。

ここではブログ ライフスタイルキャンプ (Lifestyle camp)と私 たなちか について書いています。

ライフスタイルキャンプ(Lifestyle Camp)について

ライフスタイル(lifestyle)は生き方、キャンプ(camp)は心身鍛錬の場所と言う意味

このブログのタイトルは、「ライフスタイル=暮らし方、生き方」と「キャンプ=心身鍛錬の場所」を組み合わせた言葉です。

より良い暮らし方、自分らしいライフスタイルを模索しながら、心身共に成長したいという気持ちが含まれています。

このブログを始めたきっかけ

30代半ば、楽しくてしょうがなかった仕事で頑張った結果、過労で倒れ自分の中の人生観が劇的に変化しました

  • このまま惰性で生き続け、平凡な人生で終わってしまうのか?
  • 仕事に人生を奪われるような生き方が本当に良い事なのか?
  • 妻と子供ともっと向き合えるのではないか?
  • 私は誰かの役に立つような事を今まで本当にして来ただろうか?

今まで自分を縛り付けていた古い考え方と価値観を脱ぎ捨てて、「ありのままの自分で生きよう」と。

このブログはその一つの手段として、より良い暮らし方を模索すると共に、知っていたら役に立つ情報を発信することで誰かの役に立てれば幸せだと思ったからです。

たなちか の生い立ち

運動とゲームが大好きだったおばあちゃんっ子

両親は共働きだったので、毎日おばあちゃんに面倒を見てもらってたおばあちゃんっ子でした。

買い物に付き合って外出する際なんかはずーっと走り回っていて、元気有り余る子だったらしいです。(あまり覚えてない)

ファミコンが自宅にやってきた事がきっかけでゲーム大好き小僧に。「スーパーマリオ」よりも「ドラゴンボール神龍(シェンロン)の謎」や「グラディウス」、「スペランカー」とかで遊んでました。

小学生時代

臨時の陸上クラブ的なものができて、なぜかやった事のない走り高跳びの選手として市の陸上大会に出場。

背面飛びしている子が多い中、ベリーロールという珍しい飛び方で確か140センチ位飛んでましたが、今でも何で走り高跳びなのかは謎のまま(笑)

桃太郎電鉄にドハマりしました。毎晩11時頃まで親に隠れてコツコツ稼ぎ、ほとんどの県庁所在地で物件を買い占める富豪に。努力が実り、安定の収益力と大量のリニアカードで他を圧倒するが、ビンボー神に取りつかれた瞬間、即リセットボタンを押すという悪事に手を染めるようになる。

いじめられるキャラではないのですが、クラスメートから名前や容姿、テストの点が悪い事などを執拗に弄られたことがありました。もの凄く嫌だったんですが、この体験のおかげで嫌いな人に対する最善の対処法が「やり返すこと」ではなく「無関心=無視」する事だと気付きました。

ある日、突然ワープロ(富士通オアシス)が我が家に、というか何故か私の部屋に置かれる。当時、自宅にワープロがある家は珍しかったのではないかと思います。当時はまだUSBメモリーなんてなく、作成した文書はフロッピーディスクというやつに記録するんです。この頃からパソコン的なものに興味をもつようになります。

授業に面白さを見出せず、成績は安定した低空飛行。でも、妙にやる気が湧いた時には、100点近い点数をとったこともありました。

6年生の時に先生から言われた「やればできるのに」は、まさにその通りだと思いましたが、どうやって自分のモチベーションを高められるか?は結局わからずに日々を過ごしました。

中学校時代

女子にモテたい何でもいいから1位になりたい一心で中学校の1500m走を4分41秒で走り、校内マラソン大会で1位になりました。

動機の是非は別として、強い気持ちがあれば思いもよらない力を発揮できるんだなぁと思います。

当時、ズボンのベルトをきつく締めるという妙な癖があったため、1週間に1回~2回…レベルの便秘になり、この頃から切れ痔にきびに悩まされます。

高校時代

都心にある高校に入学し、毎朝超満員の電車で通学することになります。

入学当初はポケベル、2年生の頃にはPHSの所持率が上がり、その後、あっという間に携帯電話が主流に。

バイトで貯めたお金でドコモのmova D206(iモード非対応)を買いました。

この時はまだ iモードはなかったので、単純に電話とメールしかできません。

この後、間も無くiモード対応携帯が発売され、タイミング悪い感が半端じゃなかった記憶があります。

ライブドアの無料接続で人生初めてインターネットに出会う。(えっ?ライブドアでネット接続?…ええ。当時はネット接続のサービスを提供していました。)

大学時代

生まれて初めてMDウォークマン(SONY MZ-E500)を買いました。MDLPという今までより2倍、4倍長く録音できる機能が付いていたやつです。知ってますか?MDって。あっという間に消えていきましたけど。

旅行が好きで時間を見つけてはしょっちゅう車で旅行に出かけました。特に千葉県の主要な観光地はほとんど訪れたんじゃないかなと思います。

英語赤点王なのにオーストラリアに留学

当時の貯金では数ヶ月しか行けなかったので、親の投資を得て1年ちょっと海外留学することにしました。

Perth, WA, AUS

オーストラリアのパースというところで、ざっくり言うとオーストラリアの左下にあります。

オセアニア有数の世界都市の一つで「世界で一番美しい街」と称される通り、街も自然環境も含めとても美しい街でした。

英語で会話できるようになることが目的だったので、日本人が少なく、観光地ではない都市として選んだのですが、まさかの日本人と韓国人だらけでした。

1番下のレベルからスタートしたのですが、日本人同士で意思疎通できない時って日本語で話しちゃうんですよね。

でも少し英語が話せるようになった時、強烈な違和感を覚えました。

「日本語話してたらオーストラリア来た意味ないでしょ?何の為に来たんだ!」と。

その後、帰国する直前まではほぼ完全に英語だけで生活できました。

最初は苦しかったんですが、やればできるんですよ。

行動あるのみ!(でも日本語の返答を期待して話しかけてきた日本人の方々にはメッチャ嫌われました(笑))

住んでいた部屋
payment

語学留学生では珍しかったのですが、最初の2ヶ月間ホームステイしている間にアパート探しをして、一人暮らしを始めました。

賃貸契約や水道、電気、ガス、電話、インターネット接続などの手続きは、片言しか話せなくても笑顔と、最低限の単語で何とかなるんだなーと少し自信がつきました。

12月の真夏、人生初の気温43度を体験しました。アスファルトからの照り返しというか地熱が凄まじくて、歩いているときの感覚は「斜め前から常に巨大ドライヤーの微風を当てられている感じ」で凄かったです。

帰国後

当時まだ立ち上がったばかりの小さな会社に入社。ほぼ、やったことない仕事がないと言えるぐらい、こき使われ色んな経験をさせていただきました。

海外留学で知り合った台湾人と2年半の国境越え遠距離恋愛の末、国際結婚しました。

最終的に会社の社長を数年やりましたが、お金のあるうちに畳む決断をし、現在主夫として子育て絶賛専念中。

妻の大変さを身をもって体験している日々を楽しく過ごしています(^O^)/

SNSアカウント

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどやってますので、よかったら気軽に声をかけてください。

Twitter

Facebook

Instagram

Google+